花の溢れる幸福なダストボックス

Home > 2017年02月22日

2017.02.22 Wed 毒物

ものを感受するときの網の目が粗い人は往々にして無関心だが知恵者だろう。
私が愚鈍なのは全てを抱くことに拘っているためです。

「わたくしどもは圧倒的に語彙が足らない。」と、国文学の教授の研究室で
私を殴ろうと意図を汲もうと投げかけられた声を覚えている。
"juste la fin du monde"を一度目観て泣いたのは、私の語彙が少ないからであると 思って、
負け通しではいけないと二度目観に行けば今度はまた異なった色を映す。
「家族愛は信仰だと思うのですけど。」このように問えば、
「しかしその幻想を失うと(弱い)彼らには何にもない。」そのように返ってくる。
成る程、合理的ですっかり納得したけれども、多分三度目を観たらまた違うことを思うだろう。
あれを血縁愛とは幻想でしょうか、と問うた映画にはしたくなくて、
もう少し一般的に考えたい。<強い>かどうかは、作品の外に立てば明らかに影響を及ぼしているが、作品の内部にいれば問題の核心ではないように思われる。
しかし4,500円も落とす気にはならないので、三度目はない。

浴室を暗くしてシャワーを浴びているとき、「ずっと一緒にいてくれる人が欲しい」と気づいたが、
暫くすると、
それは<生きている人>でなくても良いと発見する。(生きている人を欲しがるのは圧力なのではないかしら。)

弱いから家族愛という幻想にしがみつくという考えは正しい、何も持たないから家族制度を拠り所に生きているのだ、ということを否定する気は微塵もなくて、ただ、わたくしはそのことに自覚的である必要がある。
つまり、弱き者が縋る家族愛、以外の家族愛、はあるのか?と次に問います。
あるいは、結婚。
スポンサーサイト