花の溢れる幸福なダストボックス

Home > asteroid > プラトン的感情

2017.02.13 Mon プラトン的感情

もし永続する愛があるのなら、それはさざ波のようなものなのだろうか。

細波のように消え残る落ち着かない気分を壊してしまいたい、つまり、
既に築かれたものの中に避難してしまいたくなった。
実際はそんなことは有りえないわけだが、
しかしある見知った貝殻のなかで 私は隠れて呼吸した。
救い主がキリストとして生きなかったとして、キリストは救われるのだろうか。
(貝殻はきっとこう答えただろう、「救い主はその問いに直面しない。」)
およそ一日か二日で消える筈だった奇妙な危うさは七日前の時点でおよそ七日間続いており 降参、貝殻がキリストになりキリストが娼婦になり娼婦がかたつむりになる世界で生きているわたくしは、
相手の倫理の膜のなかで 一息、そうして振幅は実のところかなり収まったのだった。

既に築かれたものの中に避難して呼吸するための、誰からも見られないようにベールを
誰であれ相手の倫理を輸血することは不可能なわけだが、
血がないのか空気がないのか、それであれ分かれば話は容易になりましょう。

貝殻の脈を聞きながら私はこう問う、
「どうして愛は一瞬のものなのですか。どんなに美味しい食事も七日経てば空腹とは卑しい。」 貝殻は貝殻なので、
「七日間お腹にあれば悪くなるよ。」
貝殻の膜のなかで栄養が巡る。
「美徳と悪徳の混在を愛せる人の傍にいたら貴女はもっと生き生きするのでは?」

相反するふたつを抱いたまま肯くことが一人ではまだ できない。
精神で結びついているから見破られる、
(気づけなければ思惟はなく、革新もない。そこに救いはない。)
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form